安全性は自分で判断が必要

整形

治療効果と薬剤の違いを知っておく重要性

美しくなりたい願望は誰にでもあり、それを医療の力で叶えるのが美容整形です。以前はメス等用いた手術治療が主でしたが、利用者の美容に対する意識の変化や希望及び興味が集まり、市場も活性化し研究や開発が盛んに行われる様になりました。結果悩みに応じた多くの治療方法ができ、ボトックス治療もその過程で認められた美容整形術の1つです。美容整形を受ける方は年々増加しており、美しくなる為の努力の1つとして認知される様になっています。負担や費用も抑えられた方法が選ばれる傾向にあり、プチ整形が人気になっています。ボトックス注射治療は数ある負担の少ない治療方法の中でも特に人気です。その背景には施術内容と薬剤の安全性があります。施術方法は注射するだけで、薬剤であるボツリヌストキシンを気になる部位に注入するだけです。切る必要もなく細い針による注射だけなので傷跡が残る心配はなく、腫れたり発赤が起こる事もほとんどありません。薬剤であるボツリヌストキシンは、医療現場で顔面麻痺等の治療で使用されています。世界70か国以上で安全性が認められており、日本でも副作用の心配がないと厚生労働省も安全性を認めています。副作用がない事が認められているのは正規品と呼ばれるアラガン社製のみで、薬剤にはジェネリックもあり活用の仕方により費用負担を軽減する事が可能です。

ボトックス注射治療で使用される薬剤には正規品と呼ばれるアラガン社製とジェネリックがあります。アラガン社製ボツリヌストキシンは、医療現場でも活用されている製剤で臨床データも豊富であり世界中から信頼されています。世界中から薬剤に対する副作用の報告がない事が安全性を裏付けています。ジェネリックはその正規品の特許期間が過ぎた事で開発を他の国や製薬会社が行う事ができる様になった事で開発された後発薬です。正規品と同じ成分で同じ効果なので、副作用の心配は正規品同様ありません。ただし国毎に安全性の基準が多少異なるので、開発許可した国と使用する国と安全性の基準が異なる事で認可されていない事が多く、日本でもジェネリックは安全性を厚生労働省は認めていません。ジェネリックは開発費用を抑える事ができるので、薬価自体が安いので治療費自体安くする事ができます。ボトックス注射治療の効果期間は平均で半年程なので、効果を持続させる事を望む場合は定期的に再度治療を受ける必要があります。平均の費用は1部位3万円から6万円程ですが、ジェネリックの場合はこの半額以下の自己負担にできます。継続して受ける必要がある美容整形術なので、ランニングコストを抑える利点は大きいと選択される方も多いです。ジェネリック製剤はクリニックによって備えていない場合もあり、備えているクリニックも安全性を確認し備えています。

Copyright© 2019 加齢による身体の変化を短期間で改善させたいなら美容外科を利用するのが良い考えです All Rights Reserved.